キーンランドカップ2017回顧〜9歳せん馬の超絶パフォーマンス〜

結果

1着 無 エポワス (12番人気)
 
2着 ◎ ソルヴェイグ (2番人気)
 
3着 △ ナックビーナス(5番人気)
 
4着 無 フミノムーン(11番人気)
 
5着 無 ライトフェアリー(13番人気)
 
各馬出遅れることもなくスタートを切り、ナックビーナスとソルヴェイグが押し出されるように先頭でゆるゆる流れ、
最終コーナーより少し前で各馬我先にと前へ出ようとするも、スローペースで先頭なかなか変わらず。
そのまま決まるかと思いきや馬込みから一際目立つ脚で猛追したエポワスが先頭2頭をクビ差で先着。
エポワスの末脚だけが目立つレースでした。
 
 
回顧
 

1着 無 エポワス (12番人気)
→いやぁ、すごいの一言。いいものが見れました。
予想でもダークホースとしてはいましたが、UHB賞組はバサッリきっていたので、買えませんでした。
9歳の高齢とはいえ馬券になってもおかしくない実績も持っていましたが、
まさかこの展開でどん尻から馬込みを激走して頭を取るなんて流石に想像もしてなかったです。
洋芝適正と状態とルメールの好騎乗など全てがうまく行ったともいえますが、今回は一番強い競馬をしました。そして+20Kgだったんですね。
 
2着 ◎ ソルヴェイグ (2番人気)
力は出し切ったと思います。レースの主役は取られましたが、今後期待されて当然の馬だと思います。
牝馬G1なら展開次第でチャンスありです。
 
3着 △ ナックビーナス(5番人気)
→ 先頭で強い粘り腰を見せました。確実に粘るので、馬券的には連下で今後も抑え要。
 
4着 無 フミノムーン(11番人気)
→エポワスの影に隠れていますが、この馬の末脚も強力でした。
完全ノーマークでしたが、このペースでこの脚で掲示板なので力を出したと思います。
ただ、スプリントの追い込み馬なので、ハマるかどうかの博打馬ではあります。
ハイペースの展開が予想されるレースがあれば頭で狙ってみるのも面白いかもです。
 
5着 無 ライトフェアリー(13番人気)
→これもノーマーク。先頭集団で粘りました。展開が味方したことは確かなので重賞ではもう少し様子を見たいところ。
 
 
3番人気のシュウジ(無)は先頭集団でしたが、ズルズル後退して大差の最下位。故障かもです。
1番人気のモンドキャンノ(◯)は外を選択したことがアダとなったともいえますが、
強い馬なら全然追い込めたはず。過剰人気だったか。
 
 
 
 

スポンサードリンク



ねこた
口癖は「追々」「多分大丈夫」そんなゆとり夫の徒然日記。 これから生まれる(予定)子どものことや男の育休取得について、リアルタイムで綴っていきます。 J-musicレヴューや競馬予想なども。 ハレ(非日常)もケ(日常)も毎日楽しみたい!

コメントする