小倉記念2017予想〜前走のミステリー〜

小倉記念2017(G3)

こんにちわ。今週日曜の重賞も2つ!ダートのレパードステークスではエピカリスの出走で話題を集めていますが、めっぽう芝派の私は小倉を予想。

台風の影響で開催が危ぶまれていますが、開催を祈りましょうー!

中穴ポイント

〜前走のミステリー〜

近5年で馬券になった馬の人気を見てみると・・中荒れって感じですかね。

人気決着とまでは行かずとも大穴は滅多にこない。

狙いどころは人気馬に5,6番人気を絡めた感じ。

今年は13頭立てということもあり、5頭に絞って地味に勝ちたいそんな気分です。

で、今回のポイント。

このレース、ミステリー的な結果に終わることが多いので、「前走着順は気にしない。」これです。

ローテーションがG3サマーシリーズもいればG1からの格下げも馬券内になってます。OPだとマレーシアカップが繋がるかもしれませんが、

いずれにせよ穴馬は前走や前々走で大敗したのにも関わらず小倉マジック。

終わってみればそういえばなんであの馬ここまで走ったの?という不可思議な自体になることがしばしば。

能力が如実に出るというよりは、その日のベストパフォーマンスが出せるかどうかで判断したい。(展開やジョッキーに注目)

昨年は11番人気のクランモンタナが優勝。G3はおろかOPでも大敗していた馬が激走。そしてその後も不審という謎の戦績。

2年前は6番人気のアズマシャトルが優勝。前走マレーシアカップで4着ですが、そのときに一緒に走って負けたマローブルーになぜか2馬身くらい先着。(大外が効いたか)

なので・・直感を大事にしつつ中穴を主に狙っていきます。他は、

枠はピンク帽がきてますね。

・脚質もまばら。基本は先行〜差しですが、穴狙いなら逃げと追い込みでも!

・年齢と斤量これもあまり気にしないでいいと思います。3歳でも58Kでも結果残してます。

 

全頭評価

1.スピリッツミノル・・・G1/G2からの降級組。一応前走の宝塚記念でシュバルグランとキタサンブラックに先着しているが、そこはあまり気にしないでいいかなと思う。

長距離を走ってきたという意味ではプラス。最内枠も一発狙うならいい枠。幸Jがどこまで攻めるか。予想オッズがなかなか混沌としているので、ここは人気をみて取捨を。

2.タツゴウゲキ・・・七夕賞6着で勝ち馬ゼーヴィントとに0.2差負け。とはいえ最後の直線で前が急にふさがり横に切り返してから追い上げた脚を評価したい。

北村Jの追い出しの遅さに不満があるわけではないが、やはりリスクのある位置どりは勘弁したい。今回はMデムーロ鞍上で期待がかかる。斤量も52Kg据え置きでこの枠なら。

3.ヴォージュ・・・1600万以下でプロディガルサンなど強敵に勝っており、タツゴウゲキにも勝っている。先行でき最後も一足使えるにも強み。

七夕賞9着で優勝馬には0.7離された。というのがミステリーなのかそれとも実力なのかはここで見極めたいところ。松若Jはこのレース悪くないので期待だがどこまで人気になるか。

4.カフジプリンス・・・長距離重賞であと一歩の馬。ただ、戦っているのも長距離の一級戦なので、距離さへ合えば。比較が難しい馬だが、神戸新聞杯でも4着し、エアスピネルに一度先着している。人気がなければダークホースとして。

5.フェルメッツア・・・七夕賞5着で優勝馬に0.4秒差。タツゴウゲキとはほぼ同じレベルで考えて良いと思う(今回も同斤量)だが、鞍上の差は大きいので今回は見送り。

6.ベルーフ・・・小倉記念2着2回という稀有な戦績の持ち主。いつも期待されるほどは走らないが、なんとも憎めない馬。去年に引き続きホワイトJ騎乗という怖さ・・。

でも買いたい馬が多いので今回はちょっと買い目から溢れた感じ。

7.フェイマスエンド・・・さすがに負けすぎている。

8.サンマルティン・・・ディアデラノビアの子でハービンジャー産駒でまだ底をみせていない。5歳せん馬の戸崎Jだとこれは期待されるはずで確かに怖い。

しかし、初の重賞で馬券にいれられるかと聞かれるとどちからかといえばNO。人気になりそうなので馬券的にはこけてもらいたい。

9.シャドウパーティー・・・中山金杯4着の実績は少し光る。ただ、8歳というのはやはりマイナスで、浜中Jとは馬券になっていないのでここは消しで。

10.ストロングタイタン・・・底をみせていない4歳馬。ヴュージュにも1Kg斤量多い状況で勝ったこともある実力の持ち主。G3では馬券になっていないのは気になるがよく見てみると小倉大賞典では2着から0.2秒差で、中山金杯9着はこのメンバーよりは少し強い相手。

そして前走のマレーシアカップでレコード勝ち。相手は弱かったが、この相性の良いレースで実績があるのは強み。どれだけ人気になるかだが、結構割れそうなので、人気でもオッズ的には悪くないかも。オッズ次第で印を考えたいと思います。

11.ケイティープライド・・・ハンディキャッパーお気に入りのディープ産駒。今回も謎の斤量52Kgで出走です。前走函館記念は人気ないながら5着に健闘で内容も一頭追い込んできておっ!と思わせた。

今までG3でもオープンでも勝ちそうで勝たない。負けそうでそこまで負けないとつかみどころのない馬。こ・・これはミステリーに入るかも。

このレース、産駒的にはディープが圧倒しているのでそこはプラス。台風の影響で馬場がどうなるかわかりませんが、重対応できるのは強みでしょう。人気もないでしょうし、ここで買いだと思います。

12.クランモンタナ・・・去年の勝ち馬。ザ・ミステリーな勝利をあげた馬ですが、前走障害を使っているというこれはいらないミステリー。和田竜二Jがこのレースで近年2勝していますが、今回は熊沢Jということでマイナス。斤量も去年と比べてプラス2Kgということでこれはちょっと・・。

13.バンドワゴン・・・出走数が少なく評価の難しい6歳馬。鳴尾記念ではスムーズな良い競馬をしていたぶんもう少し検討してもよかったような気がします。

プラスなのは、和田竜二Jと大外枠。マイナスは小倉2000mの実績が悪い。(といっても1回しか走ってないですが。)これも人気で印を変えますが、印自体は打ちたい馬ですが。

 

買い目

※2017/8/5 21:13更追記

◎タツゴウゲキ・・・前走内容を評価。Mデムーロ鞍上強化。

◯バンドワゴン・・・和田Jとピンク帽子。

▲ケイティープライド・・・穴狙い。軽量ハンデ。ディープ産駒の追い込み。

△ストロングタイタン・・・平均スピード指数でおさえ。

△スピリッツミノル・・・降級組から。

△カフジプリンス・・・長距離路線組から。

5頭に絞れませんでした・・。すみません。

ねこた
口癖は「追々」「多分大丈夫」そんなゆとり夫の徒然日記。 これから生まれる(予定)子どものことや男の育休取得について、リアルタイムで綴っていきます。 J-musicレヴューや競馬予想なども。 ハレ(非日常)もケ(日常)も毎日楽しみたい!

コメントする