産経賞オールカマー2017予想

こんにちわ。ねこたです。
 
 凱旋門賞にサトノダイヤモンドが挑もうとする中、日本でもG1ステップレースが続々と始まってます!
 
みなさんはどの季節がお好きでしょうか。
「秋」と答えた方の中年男性は競馬好き。
 
さて今週はG2がふたっつ。今回はオールカマーの予想です。
今回も短評と印です。予想の一助にどうぞ。
 
産経賞オールカマー(G2)
 
◎・・・ 8.ステファノス
→予想1番人気だが、叩き良化型であり勝ちきれていないことから4倍台が予想される。
ただし、他馬比較では格上は明らかで、仕上がり5分でもこのメンバーなら軸でok。
 
鞍上戸崎Jも同キャロットFのルージュでなくこちらを選んだ?となればここは取りに来るのでは。
このレース自体レースの格が重要視されるレース。G1規格のこの馬で。
 
◯・・・9.タンタアレグリア
→予想2番人気なのでこの印は本当は避けたいのだが、2番人気とはいえオッズは割れており5~6倍の予想なら買い。
 
前走同距離コースのAJCCを優勝。蛯名Jの好騎乗も光ったので強い信用を置くには若干の不安はあるが、これもレースの格とAJCCメンバーを見て対抗に。
 
以下AJCCで負かした馬のその後レース。
2着のゼーヴィントは七夕賞を優勝。
3着のミライヘノツバサは日経賞でシャケトラの2着。
4着のルミナスウォリアーは函館記念を完勝。
 

▲・・・5.グランアルマダ(穴!)

今回の逃げ筆頭。今までのオールカマーでは逃げ馬の好走はあまり見られないが、
 
ミラノが控える宣言をしている以上、あまりけしかける馬はいなそう。スローに持ち込めればこの適距離で津村Jで波乱を演出しても!
 
 
△・・・15.カフジプリンス
→10倍前後で落ち着きそうな4歳馬。
未勝利でなかなか勝ちきれなかった(ほぼダート)がこの夏で重賞でもやれるようになってきており、人気よりも順位を上げてきた。
 
まだ戦績浅いため未知の魅力にかけたい。中山は2500mで一度走り優勝の実績あり。
自在性もあるので、展開次第で攻めの競馬を。

スポンサードリンク



 
△・・・11.マイネルサージュ(穴!)
→現在12番人気の40倍の大穴予想。このレース、基本は格がものを言うが、逆に思わぬOP組が飛び込んで来る傾向もあり。
だとすれば叩き2戦目のマイネル軍団の穴の方を。
 
中山2200mは500万以下だが優勝経験あり距離適性もちょうど良さそう。前走のOPでは追い込んでの4着だが、元は先行馬。
 
今回ミラノが逃げない宣言をしているので、この馬が先行し、グランアルマダの後方待機でスローでの粘りこみに期待。
 

△・・・16.ツクバアズマオー(穴!)

ここから穴っぽいところを。中山巧者といえばこの馬。2200mの距離も勝利経験あり、ステイ産駒も良成績。

昨年の3着馬。ゴールドアクターに0.2秒差まで迫った実力もあり。

この夏いいところなしで20倍にまでオッズがさがった今、状態さへ戻っていればここは美味しい。
△・・・2.アルバート
長距離実績はピカイチのこの馬だが、ここで始動。
 
距離短縮で人気を下げてはいるが、メンバー比較でも見劣りせず、2500mでも実力馬シュバルグランに勝利。
 
元々は1800m~2400mあたりで使われていたことを考慮うするとうちでそのまま出し抜いても。
ねこた
口癖は「追々」「多分大丈夫」そんなゆとり夫の徒然日記。 これから生まれる(予定)子どものことや男の育休取得について、リアルタイムで綴っていきます。 J-musicレヴューや競馬予想なども。 ハレ(非日常)もケ(日常)も毎日楽しみたい!

コメントする