関屋記念2017回顧〜鮮やかな逃走劇アルターズアポジー〜

結果

1着 無 マルターズアポジー(7番人気)

2着 無 ウインガニオン(4番人気)

3着 ◯ ダノンリバティ(5番人気)

4着 ◎ ヤングマンパワー(6番人気)

5着 無 ダノンプラチナ(8番人気)

回顧

マルターズアポジーがポーンと最高のスタートと出足。最高の逃げを打ち最後まで脚色衰えることなく追随を許さずまんまの逃げ切りでした。

とにかく前残りだったので、後ろの馬は今回の結果は度外視して良いと思います。

馬場や展開が大きく作用したレースでした。

馬券的には残念な結果です・・。逃げが怖いことと、中穴狙いが吉と言いつつ・・。すみません。

1着 無 マルターズアポジー・・・とにかく馬場と展開がこの馬のツボにはまった!というレース。

当然フロック出なく、状態がよくあの競馬ができればこれ以上大きなレースでも強豪相手に風穴を開けておかしくない非常に良い逃げ馬が出てきたことに喜びを感じます。

個人的にはシルポートが好きだったので、重賞を盛り上げる怖い逃げ馬であり続けて欲しいものです。

2着 無 ウインガニオン・・・この馬もアポジーと似たタイプの持続した良い脚を使える逃げ馬。

番手での競馬もできるのですが、今回は外でもありましたし、アポジーとの力差はそうないと思います。

逃げがハマる展開なら外しては行けない馬になりました。

3着 ◯ ダノンリバティ・・・今回は先行してこの結果。実際差した方が良い脚を使えるタイプですが、今回に限ってはベストを尽くしたと思います。

馬券内は外さないこれからも安定した強さをもつ親孝行な馬ですね。頭は狙いにくいですが、◯〜△には入れておきたい馬。

◎のヤングマンパワーは惜しくも4着。安田記念からの休み明けで体重増加もありましたし、絞れていれば次回は舞台によって軸でいいと思います。

 

 

スポンサードリンク



ねこた
口癖は「追々」「多分大丈夫」そんなゆとり夫の徒然日記。 これから生まれる(予定)子どものことや男の育休取得について、リアルタイムで綴っていきます。 J-musicレヴューや競馬予想なども。 ハレ(非日常)もケ(日常)も毎日楽しみたい!

コメントする